最終的にはスカッとすることが出来ました

車いすにスカッとスカッと

これは、先日バスに乗って駅に出るときの話です。

休日と言う事もあって、バスの車内は立っている人がいるほどでした。

とあるバス停に停まったとき、車イスに座った体格の大きい男性が、お母様でしょうか、体も小柄でお年を召している方が一生懸命、車イスを押していました。

どうしてもバスに乗りたかったらしく、並んでいる方を押し退け、混んでいるバスに乗せるように訴えてきました。

車内では、車イスですし、乗せてあげたらいいのに、と言う雰囲気でした。

しかし、車内はぎゅうぎゅうです。

運転手は、このバスは大変混んでますので、次のバスに御乗車頂けますか、と言ったところ、いいから乗せろよ、このバスじゃなきゃ間に合わないんだよ、と車イスの男性。

何か、この男性の威圧する口調が気になりましたが、しばらく、運転手とのやり取りのあと、なんだよこのバス、最低だな、障害者にその態度かよ、と言い放ちました。

結局、男性はこのバスに乗るのをやめましたが、罵声を浴びせ続けました。

車内も、とても嫌な雰囲気のまま、駅に着きました。

しばらく、駅で友人を待っていると、どこがで聞いた大きな声がするではありませんか。

大きな声の方向を見てみると、先程の車イスの男性が後ろで押しているお母様を怒鳴り散らしていました。

バスに乗り遅れたから、映画の時間に間に合わないだろ、と男性。

その後も、散々お母様を罵っていましたが、さすがにお母様も腹に据えかねたのか、車イスを押すのを止め、あんた、足なんか悪くもないのに車イスなんか乗ってんじゃないよ、みんなに迷惑かけて、と叱り始めました。

そして、車イスを放置して歩いて行ってしまいました。

残された男性は、おろおろしながら立ち上り、車イスをたたみ、担いで追いかけて行きました。

お母様の凛とした態度に、スカッとする気持ちになりました。

障害者に成りすますような事は、絶対にいけないと思います

コメント