店長がスカッとする一喝!

うちの店長スカッと

飲食店の夜勤でのお話です。

いつものように料理を運んでいると、三人の男性が騒ぎながら入店しました。

服装や見た目はガラが悪いという印象ではなく、単純にチャラいといったものでした。

昼間でも時々そのようなお客様はいらっしゃいますが、特に夜勤ではそれほど珍しいことでもありません。

ああまたか、などと思いながら暫く仕事を続けていると、同じバイトの女の子が
「三人の男性客が頼んでいないはずのドリンクバーを利用している」と私に相談してきました。

私が
「大変申し訳ありませんが、こちらのドリンクバーは注文していただかないとご利用できません」と注意しに行くと、
「客に何てことを言うんだ」
「俺らは客だぞ」と逆上。

すると、先ほどの子が報告したらしくスタッフルームから店長が出てきました。

堂々とした立ち振る舞いで男性客の前に立つと
「金払わん客は客じゃねえ!」と一喝。

夜勤は疲れとストレスがより溜まってしまうで、この一言にはスカッとしました。

さらに続けて社会常識だとか、マナーだとかの説教を始めました。

何を隠そう店長はかなりのコワモテなので、その男性客三人は萎縮しきった様子でそわそわしていました。

説教が終わると
「済みません」
「もうしません」と口々に謝罪。

店長はよし、という言葉とともににんまり笑い、ちゃんとドリンクバーの料金もレシートに追加もしていました。

それ以降はその男性客たちが騒ぐことはなく、申し訳なさそうな顔でレジを通し、足早に帰って行きました。

未だに「お客様は神様だ」なんて思っている方が多いので、先述の一喝にはスカッとしました。

明言しますが、店と客は主従関係では決してありません。

あくまで利害関係です。

それに、店がお客様を神様のように扱おうという心意気でいるのであって、お客様が神様のように振る舞うのはお門違いも甚だしいです。

それをよく理解しましょう。

さもないと、私の店長が怒りますよ?(笑)

コメント