スカッとする、おばあちゃんちの門と僕

門と私スカッと

小学生の頃、全速力で自転車こいでてカーブを曲がり切れずに吹っ飛んだ

木製の門(時代劇に出てくるような立派な奴じゃなく普通の板門)に激突

門がクッションになったせいか大して痛くもなく失敗失敗と家に帰った

後日その家のおばあちゃんが
「この間門に車がぶつかったみたいで凄い音がしてね」

「あわてて外に出たら丁度車が走り去っていくところで」

「門がね、こんなにへこんじゃったのよ」と近所の人に話してた

ゴメンおばあちゃん、そのへこみは俺が激突した跡

車が衝突してたらおばあちゃんちの門は多分粉々に吹っ飛ぶレベル

その後、そのへこみは直されもせずおばあちゃんが亡くなり家が解体されるまでそのままだった

ネットの反応

523:名無しさん@おーぷん:2017/07/20(木)

笑えると言うよりは、黒い過去のような気が…

524:名無しさん@おーぷん:2017/07/21(金)

これを笑えると思ってる神経が分からん。

どんな育ち方をしたらこうなるんだろ

コメント