電車でおこったスカッとする話

スカッとする電車 スカッと

座席は全部埋まっていて立っている客がまばらに居る電車

俺はシートの端にたまたま座ることができた

俺の右手に肘掛があり、そこに上体を傾けて20分ほど仮眠していた

しばらくすると超ピザな♀ブタ母子が乗り込んできた

ブタ母は俺から見て真正面の位置からやや右手に、ブタ子は俺が使っていた右手の肘掛に尻を乗せて立ってやがった
「あー疲れた、どっかに座りたいわあ」

なんとなく視線を感じたがガン無視を決め込む俺

次の駅で今度はいかにも品の良い初老の女性が乗ってきた

その女性は俺から見て真正面の位置からやや左手に立っていた

俺はこの女性に席を譲ろうと考えた

そこで俺は右手でつり革を掴んでブタ母をしっかりブロックして、初老の女性にどうぞと席を譲った

「まあ、ありがとうございます」と丁寧に一礼をして女性は座った

これにブタ母が食ってかかった

「ちょっと!アタシが先に乗ってきたのに何でアタシに譲らないのよ!?」

これに俺は淡々と反論
「俺次の駅で降りるし大体一人分の席空いたところでアンタのでかいケツが収まるわけねえしWWWつかそんだけ元気もカロリーも有り余ってるなら立ってろよWWW」

車内から軽く笑い声が聞こえ、ブタ母子はドカドカと逃げやがった

コメント