郵便局の小包配達で働くじいちゃんにおこった悲劇にスカッとする

スカッとする話スカッと

うちのじいちゃんは郵便局で小包配達してたんだけど、配達先のマンションで悲劇に見舞われた。

その日、大きめの荷物を抱えてエレベーターに乗り込んだじいちゃん。

ドアが閉まった直後、じいちゃんは思った。
「屁が出そうだな…。誰も居ないからいいか…」

その場でじいちゃんは出した。でかいのを2発。

すると…
「──おじちゃん…。おならしないで、臭いから…」
「っ!!!!!!?」驚いて背後を振り向くと5歳くらいの女の子。

どうやら、一緒に乗り込んだらしいが、荷物が死角になって見えなかったようだ。

ちなみにじいちゃんの屁は物凄く臭い。

女の子
「……(何とも言えない渋い顔)」

じっちゃ
「………あー…ごめんねぇ、お嬢ちゃん。臭かった?(苦笑)」

女の子
「……(無言で頷く)」

じっちゃ
「そっかぁ…ごめんねぇ…(苦笑)」

やがてエレベーターは目的の階へ到着。

じいちゃん降りる。

女の子も降りる。

じいちゃん、配達先の部屋まで歩き、ドアの前で止まる。

女の子も後から着いてきて、同じ部屋の前で止まる。

実は配達先の娘さんだった。

じっちゃ
「………えーと、お嬢ちゃんのお家?」

女の子
「うん(頷く)」

じっちゃ
「……ママ居る?」

女の子
「うん、いるー」

じっちゃ
「……呼んで来てくれるかな?お届けものだから」

女の子
「はーい!(女の子、ドア開ける)」

じっちゃ
「…あと、おならした事、ママには言わないでね。おじちゃん、恥ずかしいから」

女の子
「わかったー」

じいちゃんは無事に配達完了してマンションを後にした。

帰り道、
「小さい子は言うだろうなぁ…」と遠い目をしたらしい。

その予感は的中し、後日再びそのマンションに荷物を届けに行ったら、ちびっ子たちから
「おならの郵便屋さん」というあだ名を頂戴したらしい…。

ネットの反応

458:名無しさん@おーぷん:2017/05/14(日)

ゲラ和ろた

459:名無しさん@おーぷん:2017/05/14(日)

女の子「“ママには“言わなかったよ」

コメント