喪女の私に起こった疑惑からのスカッと体験

友だちスカッとスカッと

20年以上前の中学生の時。

男子も女子もエロい事に興味津々な時期だった。

私も、地味系だったが興味津々。

今みたいにネットで見れたりする時代じゃない。

主な情報源は、エロ本やエロ雑誌だった。

しかし、エロ本等は処理に困るわけで…。

当時、あまり接点のなかったA子に
「先輩から押し付けられたエロ本があって、でもうちで捨てられないし処理に困ってる、貰ってくれないか?捨ててもいいしあげてもいい」と言われた。

あまり接点のない子からの唐突なエロ本の単語にびびったが、エロ本も買いに行けないエロ喪女だったから快諾。

(先輩からとか嘘臭いな~自分で買ったんじゃないの?と思ったけど自分は買いに行けないチキンだから、その辺りは尊敬した)

A子からのエロ本はレディコミ系で、中学生の私には刺激的で堪能した。

その本は妹にも見せた後、友人B子にあげた。

が、その後何故かA子が
「私がゆきちゃんに貸してあげたエロ本をゆきちゃんがパクった」と言いふらし始めた。

処理に困ってくれるって言ったの自分じゃん!何が目的だったのか分からないが、
「エロ本をパクった奴」の噂は死活問題。

恥ずかしいし。

本人に聞くと
「そんな事言ってない」ととぼける。

しかし、言い訳する程怪しいと思い仲の良い子だけに事情を話した。

そのうち、私が次にあげたB子がカラっと
「あれ、私ちゃんがA子から貰ったんだよ。私ちゃん言ってたもん!次に私の所来たんだから!」と言ってくれた。

B子の方に人望があったから皆B子の方を信じて、私のエロ本パクった疑惑は晴れた。

良かった。

大人だったら、うまく立ち回れたかもしれないけど中学生だったからどう対処していいか分からなかった。

しかし
「エロ本パクった疑惑」があった割にはいじめとかに繋がらなくて良かった。

コメント