DQN返しを義実家というか、義実家親族に対してやったった

DQN返し

義実家というか、義実家親族に対してやったDQN返し。

夫の親族にセクハラ爺(ウトさんのいとこ)がいて、法事などの集まりがあるたび、一族の若い嫁をターゲットに色々やらかしてた。



ターゲットになった嫁の夫に〆られ、セクハラ爺の姉や兄から〆られても
「酔ってたから覚えてないよー」でごまかし、どういうわけか大トメが猫可愛がりして庇うため、親戚の集まりから締め出すこともできなかった。

そうやってセクハラ爺を庇っていた大トメも亡くなり、一周忌の席でのこと。

若い嫁は大半が理由をつけて欠席し、セクハラ爺のターゲットになりそうなのは三十代前半の私のみ、という状況になった。

そこへなんと、コウト君(夫の弟)が婚約者を連れて登場。

若くて可愛いお嬢さんの登場にテンションがあがるセクハラ爺。

コウト君何考えてるんだ…と思いつつ、セクハラ爺が婚約者さんに近づくのをさりげなくブロックしてたら
「若い子が来たからって、嫁子ちゃんやきもちかい?w」とセクハラ爺におしりを触られた。

キモ!と思った瞬間チャンスだ!とひらめき、平手打ちでぶっ飛ばしてやろうと右手をフルスイングさせたんだけど……

righteousness-home-dqback11

セクハラ爺は小柄で私の手は空振り!

と思ったら、空振りしたはずの指先に何かがひっかかり、ぶちぶちっ!という音とともに、黒い塊がふっ飛んでいった。

え!?と固まってると、素早く動いたコウト君がその塊を拾い上げ、両手で捧げ持って
「ナー、ツィゴンニャー!」と、ライオンキングを始めた。
すかさず夫も参加し、テンションが上がった子供達も加わってカオスが発生。

セクハラ爺はというと、半泣きの顔で
「えっあっちょっと待って、返して!返して!」とその群れの中に突っ込むも、夫や夫の従兄弟がさりげなくブロックし、頭からふっ飛んだ黒い塊すなわちヅラからどんどん引き離されていく。

その間にコウト君は駐車場に飛び出し、かかげたヅラを裏手の溝に投げ捨てていた。

流れるヅラを見送ったセクハラ爺は駐車場に膝をつき、泣いていた。

セクハラ爺がヅラだったのは知ってたけど(襟足やもみあげが浮いてたし、不自然なまでに黒々としてた)、平手打ちがまさかヅラはがしになるとは予想外だった。

あと、どう見てもヅラなのに周囲にはバレてないと本人が思ってたのも予想外だった。

righteousness-home-dqback12

コウトや夫は、どうにかしてこのセクハラ爺をぎゃふんと言わせるチャンスを狙ってたらしい。

私がヅラをふっ飛ばしたのを見て、コウト君と夫もチャンス!とひらめいたそうだ。

後ろ盾だった大トメが亡くなりヅラもバレ、庇う人がいなくなったので、親戚の集まりに顔を出しても、いるんだかいないんだかわからないくらいセクハラ爺は大人しくなった。

後から知ったんだけど、法事に使わせてもらった会館には、このセクハラ爺の会社の同僚親族の法事も行われていたらしい。

ちなみに、みごとなコンビネーションでライオンキングを披露したコウト君と我が夫は、以前ホストに扮して元トメにコールをしたことがある。

ネットの反応

311: 名無しさん@おーぷん

ネタかと思うぐらい素晴らしい流れw コウトさん頭の回転早いね。

> ちなみに、みごとなコンビネーションでライオンキングを披露したコウト君と
> 我が夫は、以前ホストに扮して元トメにコールをしたことがある。

もkwskお願いします

コメント