うちのマンションの前に宅配業者のトラックがあったんだが…

DQN返し

昨日、仕事から帰ってきたら、うちのマンションの前に宅配業者のトラックがあった

私が入ると少ししてドアホンが鳴り
「×○さーん」と声をかけられたので
「違いますー」と答えた

ドアの向こうで配達のお兄さんと
「×○さんじゃない?」
「違います」と何度か応答したら、義実家に電話をかけていたお兄さん
「これ置いていくのでお金ください」と言いだした



セーフモードが〜となって見れない方はYoutubeにてご覧いただけます

ここで、先に帰っていた夫に出てもらい
「とっとと×○のところに持っていけ!」と怒鳴らせた

私しかいないと思い込んでいたお兄さん、平謝りで逃げ出したらしい

×○は夫の旧姓だが、夫が私のところに婿入りしたのは15年前

いまさらそっちで呼ばれても夫が返事をするはずもなく、お兄さんが何度かドアホン鳴らしても居留守していたので、帰って来た私に押しつけようとしたらしい

午前中に買い物に行って、たまたま義兄の娘と会い、事情が発覚

だいたい判ってはいたのだが、夫が旧姓で名乗っていて、私は嫁だと思い込んでいる夫の母がやらかした

どこかから昭和初期のタンスをほぼ販売価格で買ってきて、義兄娘の部屋に置こうとしたので、義兄娘が怒鳴りつけてやめさせたら、義兄娘の部屋の窓の外に置いたらしい

courier-job12

窓を開けたら古臭いタンスが見える、しかも光も風もさえぎる位置に置かれていたので、義兄娘だけでなく義兄夫婦も夫母を怒鳴りつけ、処分するのは認めさせたが、夫母は着払いで夫のところ、つまりうちに送りつけようとした

しかし、送り先には違う夫婦が住んでるわ着払いだわ、送り主に電話したら
「置いてきなさい!」だったので、困り果てた配達のお兄さんは、関係のない私から金盗って、置いて逃げようとしたらしい

結局、朝イチで義兄宅に古タンスが戻り、義兄がちゃんと始末したので、夫母は
「次男のくせに!次男のくせに!」と30年以上前から繰り返しているせいで夫が親を見捨てた

それさえ言えば次男は絶対服従し母は正義だと世界が認めると思い込んでいる呪文を唱えているらしい

ネットの反応

265: 名無しさん@おーぷん

DQNでもなんでもない、正しい対処ですな

おつかれさん

266: 名無しさん@おーぷん

箇条書きみたいな文を読点で長く続けてるせいか、文章の起承転結のせいか、何回か読み返してやっとなんとなく理解した…

267: 名無しさん@おーぷん

>>266あー!良かった!

理解し難いのは私だけかと思った。

序盤の

>義実家に電話をかけていたお兄さん

でわからなくなったよ。今は理解できたけど。

268: 名無しさん@おーぷん

配達のお兄さんはちゃんと仕事してて

間違ってないじゃん

269: 名無しさん@おーぷん

義母さんにだけムカついてるみたいだけど、配達員がした事の方がもっと重大だよ。

届け先の住人が受取拒否してるのに無理やり荷物置いて代金を請求するのは、代金引換詐欺(送り付け商法)といって立派な犯罪行為だから。

270: 名無しさん@おーぷん

そもそも普通の荷物だって受取拒否されたら持ち帰るようになってるのに。悪質すぎる。

その配達員があなたの地域担当だと思うから、今後のためにも宅配業者に強く苦情を入れるべきだよ。てか、どこの宅配業者?名前晒して欲しい。

271: 名無しさん@おーぷん

ごめん訂正。

×代金引換詐欺(送り付け商法)といって立派な犯罪行為だから

○代金引換詐欺(送り付け商法)という犯罪行為と同じ。

courier-job11
272: 名無しさん@おーぷん

※269

居留守使ってたって書いてあるし、受取拒否してないんじゃないの?

トラックにいつまでもでっかいタンス乗っけて動いてたら場所とるし

燃費悪いだろうに、宅配便の兄ちゃんは割を食っただけで悪く無いだろ。

273: 名無しさん@おーぷん

>>272
「受取拒否」はしてなかったか。だけど主さんは配達員の×○さんじゃない?の問いかけに違いますと何度も言ってるよね。

今回は×○が旦那さんの旧姓だったって話だけど、×○さんが引っ越したのを差出人が知らなかったって事も有り得るし、差出人の言う事を鵜呑みにして×○さんじゃない人に無理やり荷物渡そうとするのは配達の根幹に関わる大問題だよ。しかも代金引換でしょ。お金が絡むと大変だよ。

配達業は受取人に確実に届けるのが仕事だから、今回の場合
「届け先には×○という名前の人は住んでいない」で持ち帰るのが基本だしベスト。それで苦情を言われてもどうしようもないし、配達の基本が許されない配達会社はおかしいと思う

そして後日談…

根回し兼ねてご近所や親戚にあったことを話していたところ、遠方に嫁いだ夫の妹から、問題の
「悪いタンス」はどこから出てきたのか、と聞かれた

徒歩圏内だが、夫の実家内は夫の部屋しか知らない私にそんなこと言われても困るが、夫妹でもそんなタンスは記憶にないとのこと

その旨夫に話したら
「言われてみれば、あんなタンス見覚えがない」との返事

そこで、大トメおよびトメさんと同居の夫兄に探ってもらったら

大トメの実家からわざわざもらってきたものだと発覚した

大トメの実家は十年くらい前に火事に見舞われ、逃げ遅れた大トメの弟さんが亡くなったのだが、焼け残ったタンスを大トメが
「焦げたくらいで~」と処分させず、ただし引き取りもしないで大トメ実家に温存させておいた、とのこと

前日の件で大トメはやっと大トメ実家からそのタンスを引き取り、一度夫実家に運んで本体や引き出し一つ一つに大トメの名前を黒マジックで書き込んで、うちに恵んでやるつもりだったとか

うちは送り返したし、大トメ弟の息子さんも
「そもそも残しておいた原因はそっちだ」と今度こそ受け入れ拒否

ところが、何を血迷ったのか大トメは
「一つ処分したからには一つ買わないと!」と新しいタンスを注文していたそうで

大トメの部屋には行き場を失った古くて悪いタンスと、新しいタンスが鎮座することになった

トメさんは夫や夫妹に
「どっちか引き取って~」と泣きついたが
「婿入りor嫁入りした子供にそんなモン押しつけるな」と突っぱねられたらしい

トメさんの性格からして、引き取らせようとした
「どっちか」は新旧タンスではなく、古いタンスか大トメの二択に思えるのだが、どちらにせよ引き取る気はないので口出しはしなかった

コメント