振り回した刃は自分に跳ね返ってくるんだなと感じた因果応報な出来事

スカッと

因果応報といっていいかは分からないけど、振り回した刃は自分に跳ね返ってくるんだなと感じたできごと。

取引先のN社のA女史は、長年一人で経理から事務全般を取り仕切ってきた女性。

産休中も五十日は出勤して締め作業をやっていたという剛の者。

N社にとっては功労者なんだけど、とにかく気性が激しくてクレームが多かった。

こちらはほぼ一人で、見積もりから受注までこなしているのだけど、無理難題を要求していて、なんとか対応しても礼のひとつもなし。

少しでも気に入らないことがあると、すぐにこちらの上司にクレーム。

かなり精神的にもまいって、退職届を書いたり色々あったけど。

他に対応できるひともおらず、だましだまし続けていた。

なんだけど、ある日N社のB子さんが退職してしまった。

理由はA女史のパワハラによるうつ病。

診断書も出ていた。

B子さんはN社の新しい社長が直々に採用して、目をかけていた人材。

A女史にはそんなつもりはなかったんだと思う。

今まで散々苦労して、ようやく自分の時代になったと思ったら、ちょっと厳しくしただけで退職ってなんなの…くらいの。

自分の20年をすべて否定された心境だったんじゃないかと。

時代は変わるし、人はいて当たり前じゃない。

それ以来A女史からのクレームがぴたりと止んだのが、いちばんありがたい。

相手の気持ちが分かったっていうより、自分の保身なんだろうけど。

ネットの反応

460:19/12/14(土)

悪いことをすれば必ず悪いことが起きる天罰というものなの

461:19/12/15(日)

主です。

いちおう事後追記をば。

A女史は、ボーナスカット&社長から厳重注意&一人経理部門扱いに。

他の内勤からは切り離されることになった。

N社の社長から、うちの役員と部長経由で聞いた話です。

A女史は悔し涙にくれて、転職活動すると気炎をあげているようだが、お好きにという感じです。

462:19/12/15(日)

N社もA女史を持て余してたんだろうね

本当は辞めて欲しいんだろうし、N社も転職したいならどうぞどうぞって感じだろうなー

コメント